会社沿革

昭和9年初代澁木体三郎が非鉄金属スクラップの集荷業を創業。
昭和20年~燕市の業界の変遷に合わせて非鉄スクラップからステンレススクラップへ移行。

30年代後半からステンレス鋼材の加工販売も合わせて取扱を開始する。
昭和44年恒成株式会社設立。
澁木幸男が代表取締役に就任。
昭和51年燕市小池にコイルセンターを建設、数値制御のレベラーシャーラインを導入。
旧貨物駅にスクラップヤード新設。
昭和53年新日本製鐵株式会社様と直納取引開始。
昭和54年東京営業所開設。
昭和55年小池コイルセンターを増築。

レベラーシャーラインを増設。
同年12月に本社を小池に移転。
昭和58年旧貨物駅スクラップヤードを廃止し、本社隣接地にスクラップヤードを新設。
平成2年小池コイルセンターを増築。
4巾スリッターライン、立体倉庫等を増設し一貫体制が確立する。
平成5年コイルセンター隣接地に、本社を新築する。
平成10年営業力強化を図る為、事業部制を実施する。

代表取締役に澁木収一が就任。
平成13年ステンレス魔法瓶・器物製造の旧社名織田島器物製作所(現 株式会社セブン・セブン)がグループに加わる。
平成15年開発部を株式会社創明工芸として分社化。
株式会社織田島器物製作所を株式会社セブン・セブンに社名変更。
平成16年600巾スリッターライン導入。
平成22年SUSgallery真空チタンタンブラーが、APEC2010において参加国首脳への贈答品に選ばれる。
平成28年ウォータージェットカッタを小関工場に導入。
※緑文字部分については、グループ会社 株式会社セブン・セブンの内容です。